水虫と自覚症状

水虫の自覚症状としては、感染した本人が、なかなか自覚していないケースが多く、気づいたときには、水虫の症状がかなり進行してしまっていることが多くあります。自覚症状が出る前にしっかりとした医師による投薬治療や、継続的な治療が理想的なのですが、現実としては、かなり悪化した段階で治療に訪れ、薬局の薬を使用するようなケースが目立っています。特に注意が必要なことは、自覚症状が出て、痛みやかゆみなどがはっきりしているのに放置して、さらに悪化してしまったケースです。

水虫は、一度感染して広がってしまうと、完治までにかなりの期間を要する病気です。これは白癬菌が、足の指の角質部分に定着してしまい、数日程度の投薬や塗り薬では一時的に病状は改善されたように見えますが、白癬菌は皮膚の角質層の内部に潜んでおり、薬の使用をやめたとたんに、再び増殖を開始するからです。完全に白癬菌を死滅させるまでは、場合によっては数ヶ月の薬による治療が必要なことも珍しいことではありません。



自覚症状が出る段階としては、皮膚が剥がれ落ちてきたり、足の裏や指の間などに赤い発疹やただれなどが出てきたりした段階です。夏の暑い日などは、ビジネスシューズをはいていると、足のただれやかゆみに対して鈍感になりがちです。この段階で、高温多湿で最も白癬菌が好む環境となっているので、増殖が始まっているのですが、本人はこの段階で気づかないため、さらに病状が悪化することが多く見られます。

水虫の傾向を自分で感じとったら、まずは皮膚科に行って、治療方法の指示を受けるのが一番の完治への近道です。特に自覚症状が出て、放置したり、逆に患部の皮をかきむしるなどすると、病状を悪化させたり、他の場所への転移を招く恐れがあるので注意が必要になります。治療に際しては、できるだけ、足の指を清潔に保ち、病状の進行を抑えるためにも、足の指や足を清潔に保つように心がけるようにしてください。