水虫のなりやすい季節

水虫は、じめじめした季節になりやすいと言われています。
特に梅雨時期や夏場は、水虫には絶好の季節なのです。

水虫というのは、カビの一種と言われています。
そして、認知度としてはサラリーマンのような一日中靴下や靴を履いている人がなりやすいイメージがあります。

実際には、日本のサラリーマンの10人に1人が水虫に感染をしているとも言われています。
そして、この水虫ですが床や空気中と行った私達が生活をする環境にいるので、どんな人でもかかりやすい状況なのです。

そして、水虫にとって快適な空間でもある春から夏にかけてが一番湿度も温度もちょうど水虫が好む時期なので危険性が大きくなっています。医療機関への受診患者のこの時期が多くなっています。



夏場は、高温多湿になってしまう為に色々な皮膚に関する病気にもなりやすのです。
どうしても汗をかいてしまう事が多い季節なので、汗の手入れをきちんとして清潔に保つ事が一番大切な事になります。

水虫はジメジメしたところを好むので、汗を書いたまま放置をしておいたり、手入れをしない事によって、どんどん水虫が好む環境を作りだしてしまいます。こうした環境を作り出す事によって、自分だけではなく周りの人にも迷惑をかけてしまう事にもなります。

そして、夏場の高温多湿の時期以外にも冬場にも気をつけなければいけません。
それは、冬場の場合には寒いのでブーツを履いたり一日中靴下を履くという習慣があると思います。これによって、靴の中では夏場のような高温多湿の環境を作り出しています。こうした事が原因で、冬場でも水虫になる人が多くなってきています。

よく男性がかかる病気の1つと認識されていますが、冬場にブーツを履くという事から女性にも多く発症してきています。このように、今ではファッション性を重視しているが為に女性にも水虫にかかる環境が多くなってきています。通気性のいいものというよりは外見重視のファッションにこだわっている事も女性が発症する原因の1つになってきているのかもしれませんね。