水虫と白癬菌の関係

水虫の発生源となる白癬菌は、カビ・皮膚糸状菌の一種です。
人間の皮膚の角質の成分ケラチンというタンパク質を栄養分にして、繁殖します。カラダから出るアカが大好物の菌なので、家じゅうの床などのいたるところに、白癬菌は存在します。白癬菌が人間の皮膚のアカに繁殖したとしても、アカはぽろぽろと剥がれる性質なので、通常であれば、そのアカと一緒に剥がれます。

この白癬菌は、空気感染する性質のものではないですし、感染力もそれほど強力な菌ではありません。しかし、この白癬菌は、じめじめっとした湿ったところが大好きな菌で、湿度が70%以上で、温度が15℃以上の環境になると、菌の繁殖力が活発になってしまいます。

白癬菌が好む環境で、皮膚に白癬菌が繁殖すると、洗い流しただけでは取り除くことができなくなり、「水虫かも…?」と自覚したときには、すでに、角質層の奥深くまで、白癬菌の繁殖が進んでいる…ということになってしまうのです。



「水虫はどうして足にできるのか?」これは、靴を履いた状態の人間の足先の湿度が95%以上で、温度に関して言えば32℃以上になるので、白癬菌の繁殖力が活発になる条件を満たしているからなのです。それに加え、皮膚には白癬菌が大好きなケラチンというタンパク質があるので、いったん足に繁殖してしまった白癬菌を取り除くのは容易ではありません。

また、水虫の発生源として有名な白癬菌ですが、足以外にも、頭皮や、カラダ、手、股間にも繁殖することがあります。

白癬菌の種類には、紅色(こうしょく)白癬菌、毛瘡白(もうそう)癬菌、星状(せいじょう)白癬菌、趾間(しかん)白癬菌、菫色(きんしょく)白癬菌、疣状(ゆうじょう)白癬菌、石膏状小胞子(せっこうじょうしょうほうし)菌、とありますが、日本で確認できるのは、紅色白癬菌と趾間白癬菌のふたつが大半を占めています。

水虫の原因となる白癬菌の性質をよく理解することで、水虫発生の予防につなげられると良いですね。