水虫は悪化する前に治す

水虫ほど、長期化する病気も珍しいといえます。足の指や足の裏など、比較的衛生管理が疎かになりがちで、自覚症状がないために、その進行は比較的早く進む傾向があります。そのため、出来るだけ水虫であるという自覚症状がある段階で、早期の治療が必要になります。特に、皮膚が剥がれ落ちる段階や、はっきりとした痛みを感じるようになった場合には、出来るだけ早い段階での治療を心がけるようにしなければなりません。

水虫には高温多湿の悪質な条件下で、爆発的に病状が進行するという傾向があります。可能であれば、水虫と気づいた段階で、すぐに皮膚科に通い、適切な指示を受けることが理想ですが、業務などでなかなか病院に通う時間等がない場合には、まず、患部を衛生的に保つようにしてください。靴も可能であれば、毎日同じものを使用せず、市販の除菌薬などを使って、クリーンに保つようにしてください。靴には、水虫となる原因の白癬菌が住み着いて、悪化の温床になっていることがあります。



また、靴下は出来るだけ、取り替えるようにすることが必要です。2日連続で同じ靴下を履き続けるようなことになると、靴下全体が、水虫の温床になってしまうことがあります。水虫は、白癬菌が他のものに付着してしまい、衛生管理を怠ると、その部分でも繁殖してしまい、密閉された靴の中のような高温多湿の環境下の空間で爆発的に増える可能性があります。この状態で長く放置すると、水虫は悪化の一途をたどることになります。

水虫は、非常に根治に時間がかかり、また長期化する病気です。水虫の治療の場合には、早期に治療をするようにしてください。また、薬は完治した後も、場合によっては数ヶ月程度、使用することが必要です。用法を守り、毎日的確に使い続けなければ、水虫の原因となる白癬菌を根治することが出来ないので、忘れないように、注意を払うことです。そのほか、水虫に関しては、一度病状が明らかになったのであれば、一度皮膚科に通い、的確な指示を受けることが早期根治につながるといえます。現在使用している薬や、医師から処方された薬が合わない可能性もあるので、その場合には、的確な治療と指示にしたがうようにしてください。