水虫

水虫とは、医学的に分類すると白癬菌(はくせんきん)が足の指などの隙間で繁殖している状態を指します。白癬菌は一種のカビで、皮膚の残骸など、不衛生な環境で増殖することが知られています。水虫の症状としては、皮膚の湿疹や、かゆみ、炎症などの症状が現れ、足の指と指の間の皮がはがれるという状況が発病することになります。水虫は早期に治療しなければ、白癬菌が好む環境で、さらに増殖することになるため、できる限り早期に薬を使う、医師に相談するなどの治療を開始してください。

水虫が一般的に増殖する環境としては、高温多湿となる靴の中などの環境下で、白癬菌の活動が非常に活発になることが原因となっています。白癬菌は、急速に増殖するので、可能であれば、夏場は特に足をこまめに洗うなど、清潔に保つようにすることが必要になります。このほか、水虫の患部を触れた手で、他の場所などを触れると、さらに水虫が伝染する危険性があります。



また、水虫には段階があり、初期の段階で治療をすれば完治も早いのですが、成長期になると、急激に症状が悪化することになります。この状態になると足の臭いなどにも水虫であるという傾向が現れるようになり、いろいろと自覚症状が現れるようになります。水虫になると、足の皮がばらばらと剝けてしまい、かゆみや痛みを覚えるようになることもあります。足の指の間に転移すると、「指間びらん型白癬症」という症状になり、さらに悪化した状況になることがあります。

水虫は放置することで、自然と治癒するようなことはほとんどなく、むしろ悪化の一途をたどる病気です。水虫という自覚症状が出たときには、できるだけ早期に医師に相談して治療を受けるようにしてください。特に夏場には水虫が高温多湿の環境を好むことから特段の注意が必要です。早期の治療によって、確実に根治できる病気ですので、丁寧な治療と対応を心がけるようにしてください。